ワクチン・予防接種

フィラリア予防filariasis

感染すると治療が困難なため、予防が大切です。

フィラリアは蚊が媒介する寄生虫病です。犬や猫の心臓や肺に寄生する約30cmの糸状の虫で、心臓病を引き起こします。

一度寄生すると取り出すことが非常に困難で、手術にも大きなリスクを伴います。また駆虫して殺してしまうと、死んだ虫が肺の血管や心臓内で詰まり血流障害を起こすこともあります。
フィラリア症には予防が何よりも大切です。

時期 5月~12月
薬の種類 錠剤・顆粒・チュアブル(ジャーキーのような形状)・スポット(皮膚から染み込ませるタイプ)・注射
回数 注射での接種は12ヶ月に1回。その他の薬は毎月1回投与します。
注意事項 フィラリアが体内にいる状態で予防薬を飲ませた場合、アレルギー反応を起こすことがあります。そのため毎年予防薬を投与する前には、検査によってフィラリアが寄生していないか確認する必要があります。

混合ワクチンmixed vaccine

重篤な症状になる可能性のある病気を予防します。

混合ワクチンは、パルボやジステンパーウイルス感染症など、重篤な症状に陥る可能性のある病気を予防するためのワクチンです。
子犬の頃に年2~3回のワクチン接種をおこない、翌年からは1~3年に1回のワクチン接種をおこなうのが一般的です。

ワクチンは抗体をつくるために体内に異物を入れるシステムです。食欲や元気がないときは避け、元気があるときに接種するようにしましょう。

[犬]6種 犬ジステンパー、犬パルボウイルス感染症、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルスⅡ型感染症、犬パラインフルエンザ、犬コロナウイルス感染症の予防
[犬]9種 上記6種 + 犬レプトスピラ病(黄疸出血型、カニコーラ型、ヘブドマディス型)の予防
[猫]3種 猫ウィルス性鼻気管炎、猫カリシウィルス感染症、猫汎白血球減少症の予防
[猫]5種 上記3種 + 猫白血病ウィルス感染症、クラミジア感染症の予防

ノミ・マダニ予防薬Flea & tick prevention

外に出るペットは寄生される可能性が上がります。

ノミやマダニは皮膚や被毛に寄生し、痒み・皮膚病・アレルギーなどの原因となります。強い痒みを引き起こすため、掻いて細菌感染するなど重症化してしまうこともあります。さらにノミやマダニは腸内寄生虫を運んでくるため、下痢や腸炎など消化器系にも影響を及ぼすことがあります。

特に外に出るペットは寄生される可能性が高く、1年を通してのケア・予防が大切です。

ダニの病気は人にも感染します
人の病気「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」は、ダニが感染源です。
SFTSは、発熱を抑えたり出血を止めたりするのに必要な血液の成分「血小板」が減少する病気です。発熱のほか消化器系・神経系・呼吸器系・リンパ・血管などに症状が出て、最悪の場合は死に至ります。
ペットも飼い主も「家族」全員が健康的に過ごすために、ノミ・マダニの予防はとても大切です。

狂犬病予防注射rabies vaccine

狂犬病は治療法がないため、予防が唯一の対抗策です。

日本では法律で生後91日齢以上の犬は年1回の狂犬病予防の注射が義務付けられており、昭和32年以降は国内での発症例はありません。しかし海外では狂犬病が蔓延しており、いつ国内へ侵入してくるかわかりません。

狂犬病は人を含む全ての哺乳類に感染するうえ、発症すると死亡率はほぼ100%の恐ろしい病気です。治療法も無いため、予防することが唯一の対抗策です。