ウィンドウを閉じる × 
血圧測定の必要性

血圧測定と言えば私たち人間が健康管理するために行うものですが、犬や猫などのペットにも血圧測定が存在します。
定期的に血圧測定を行い、健康管理をしましょう。

動物にも高血圧があり、高血圧により様々な症状を引き起こす可能性があります。
血圧を改善すると心臓病や腎臓病の症状が緩和することもあります。

特に8歳以上の高齢世代になってからは、定期的な検査をする事をおすすめします。
血圧とは、血流が動脈壁に及ぼす圧力のことです。血圧には、収縮期血圧、拡張期血圧、平均動脈圧があります。
血圧は心拍出量、血管壁の弾力、循環血液量、血液の粘度、末梢血管の抵抗などに左右されます。心疾患、腎疾患、糖尿病などでは高血圧を発症します。そのため、定期的な血圧測定は病気の進行具合の指標になります。
血圧測定の方法
動物用の血圧計を使って30秒ほどで測定します。
犬・猫の正常血圧・・・最高血圧 80~160mmHg/最低血圧 60~100mmHg平均血圧 70~130mmHg