診療内容一覧<尿路疾患>

犬の膀胱結石

膀胱結石や尿道結石などの尿路結石症は、膀胱炎や腎盂腎炎などの尿路感染症が長く続き尿の酸性度が変化し、本来尿中に溶け込んでいる物質が結晶化して析出することによって起こります。

結石の種類によって酸性尿でできるものと、アルカリ性尿でできるものがあります。

結石ができると、慢性の血尿、頻尿、排尿困難などの症状がみられます。

尿道結石は雄に多く、排尿困難、尿道閉塞を起こすこともあります。

膀胱結石や尿道結石で排尿が障害されると場合によっては尿毒症を引き起こすこともあります。

膀胱結石や尿道結石は手術によって摘出する必要があります。

犬の膀胱結石

種類:ヨークシャーテリア/性別:雌/年齢:8歳/名前:チロ

慢性の血尿、頻尿、嘔吐などの症状で来院しました。
レントゲン検査の結果膀胱内に結石がみられました。

結石摘出手術を行いました。

分析の結果、ストラバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)結石であったことがわかりました。

ページトップ

犬の尿道結石

犬の尿道結石

種類:チワワ/性別:雄/年齢:7歳/名前:シャンプー

慢性の血尿と排尿困難で来院しました。

  • 尿検査の結果尿中にシュウ酸カルシウム結晶がみられました。
  • レントゲン検査の結果膀胱内と尿道に小結石が多数あることがわかりました。
  • 尿道と膀胱の結石摘出手術を行いました。
    分析の結果シュウ酸カルシウム結晶でした。

結石摘出手術の後は膀胱炎を完全に治癒させることが重要です。
再発防止には、尿の酸性度を調節し、結石の原因となる成分を取り除いた療法食をあたえることが有効です。


尿路結石防止用療法食(各社)

ページトップ

名古屋市千種区の笑顔あふれる動物病院【希望ヶ丘動物病院】 往診も行っています(緊急時を除き要予約)PM13:00~16:00 【電話番号】052-762-0112 【診療時間】AM9:00 ~12:00/PM17:00~20:00 【休診日】日曜日・祝日