診療内容一覧<心臓>

先天性心臓病

心臓の左右を分ける壁に穴が空いている心室または心房中隔欠損症、胎児の時の血管が出生後も閉鎖しない動脈管開存症、肺動脈・大動脈などの血管が狭くなっている肺動脈狭窄症、大動脈狭窄症、中隔欠損と動脈狭窄が組み合わさったファロー四徴症など様々な先天性心臓病があります。

先天性心臓病を持つ犬や猫は通常よりも発育が悪く、幼少の頃から咳をよくする、疲れやすい、遊ばない、体が小さいなどの症状があります。

しかし異常の程度により、症状がわかりにくく5~6才になって発見される場合もあります。

1歳未満では病院で先天性心臓病の素因があるかどうチェックしてもらいましょう。

聴診だけでも先天性心臓病は発見できます。

心電図検査やレントゲン検査をするとより正確な診断が可能です。

ページトップ

心臓弁膜症

6歳以上の犬に多く、心臓内で血液の逆流を防ぐ弁膜が変性し弁膜の働きが悪くなり心臓内で血液の逆流が起こり体に充分な血液を送れなくなります。

犬で最も多いのは、僧房弁閉鎖不全症といって左心房と左心室の間にある弁の働きが悪くなる病気です。

血液の逆流が起こるため左心房、肺の血液の圧力が高くなり、肺のうっ血、左心房の肥大、左心室の肥大を起します。

ページトップ

心筋症

猫の心臓病でもっとも多いのが心筋症です。

心臓の壁が厚くなり内腔が狭くなる肥大型心筋症と壁が薄くなり内腔が異常に大きくなり心筋の収縮力がなくなってしまう拡張型心筋症があります。

ページトップ

心臓病の検査

心臓病は様々な検査を組み合わせることによってほぼ正確に診断できます。

聴診
聴診器を用いて心音、肺や気管支の呼吸音を聞きます。心臓弁膜症などでは心臓内の血液の逆流音が心内雑音として聴取されます。
予防接種や他の病気で来院した際に聴診により心臓病が発見される場合もあります。
血液検査
心臓病がある場合、体に充分な酸素を送るため赤血球数やヘモグロビン値が増える場合があります。
また心筋になんらかの障害がある場合、CPKやGOTなどの酵素が上昇することがあります。
また心臓病により二次的に腎臓や肝臓の障害が起こることもあるので血液検査によりチェックします。
心電図検査
四肢にクリップの端子を付け、心筋からでる電気(活動電位と言います)を図に表したものです。
心臓のペースメーカーの異常、不整脈、心筋障害、心臓肥大などがわかります。
また心臓病の治療に際して治療効果を判定するのにも用いられます。
心音図検査
心音を特殊なマイクで聴取し図に表したもので4種類の波長で聴取し雑音を分析します。
フィラリア症、心臓弁膜症など心内雑音の多い心臓病では有効な検査です。
心電図と同時に測定し、心臓の収縮期の音か拡張期の音かを判断します。
レントゲン検査
胸部のレントゲン検査により心臓の位置、大きさ、形、気管の位置、各部血管の位置や太さ、肺の血流量、気管支の分泌など様々な情報が得られ心臓病の診断にはきわめて有効な検査です。
超音波検査
超音波を用いて心臓を画像化する器械です。心臓の内腔の状態がわかるのが最大の利点です。
心臓の内腔の大きさ、弁の状態を見ることができます。
フィラリア症ではフィラリアの虫体を超音波で映し出すこともできます。

心臓病を早く発見するには・・・

ページトップ

病院での定期的な検診をしましょう
予防接種、フィラリアやノミ、ダニの予防などで来院した際に聴診により心臓病が早期に発見される場合があります。
定期健診で早期に発見され適切な処置をすることにより心臓病の進行を著しく抑えることができます。
心臓病の症状、サインに飼い主が早く気づくようにしましょう
【1】咳
初期の心臓病の症状で最も多いのが咳です。
犬や猫の咳は人とちがってゴホン、ゴホンという感じではなくグェーというような何かを吐こうとしているようにも見えます。
よく魚の骨がのどに刺さっているのではないかと言われる飼い主さんもいます。
興奮したり運動したり、朝夕の空気の冷たい時間帯に咳の頻度が増します。
【2】運動不耐性
運動をいやがる。散歩に行きたがらない。少しの運動ですぐ呼吸が速くなる。散歩中に倒れる。
これらの症状は運動した時に心臓の血液を体に送る能力が低下しているために起こります。
大好きな散歩に行きたがらなかったりすぐに帰りたがるのはよほど具合が悪いと思って下さい。
【3】口腔内、口腔内粘膜色の異常
歯肉や舌の色が白っぽいまたは紫色になっている心臓病では血液の酸素量が低下するので歯肉や舌が白っぽくなります。
血液の酸素量がさらに低下するとチアノーゼといって歯肉や舌の粘膜が紫色になります。
【4】尿
尿が濃くなる。尿量が少ない。心臓病では血液循環が悪いため尿量が低下します。

これらのサインに気づいたらすぐに病院で心臓機能の検査をしましょう!!

名古屋市千種区の笑顔あふれる動物病院【希望ヶ丘動物病院】 往診も行っています(緊急時を除き要予約)PM13:00~16:00 【電話番号】052-762-0112 【診療時間】AM9:00 ~12:00/PM17:00~20:00 【休診日】日曜日・祝日