当院の方針
Policy
TREATMENT POLICY当院の治療方針
痛みや苦しみが最小限で済む治療法をご提案します

動物の病気は、1つの病気に対して、治療の選択肢が1つであるとは限りません。
希望が丘動物病院では、オーナー様としっかりとした治療方針について話し合いを行い、家族である動物たちへの負担が最小限で済む治療法をご提案しております。

また動物たちが毎日元気に生活できるよう、病気のリスク排除や予防、早期発見も大切です。当院では、トリミングや健康診断など病気のとき以外にもコミュニケーションを取ることで、動物達との信頼関係を築けるよう努力して参ります。
動物は必ずケージ等に入れるか、リードをつけてお越し下さい
ペットは緊張状態の時、普段とはまったく違う行動をとることがあります。
どんなに気をつけていても「不安」が原因で、突然病院外へ飛び出したり、 他の動物とケンカをするなどの、事故が起こる場合があります。
待合室では、犬は必ずリードをつけて紐を短く持ち、お待ち下さい。
猫はケージに入れるか、ネット(洗濯用ネット等)に入れてファスナーを閉めて、お待ち下さい。
病気やケガで受診する場合のご注意点
より正確な診察のために、できるだけ初診時にご用意ください。
・生年月日/ワクチン証明書/投薬履歴
・病気怪我の通院記録
・糞便(下痢の場合)/尿(血尿・頻尿の場合)
・嘔吐物(嘔吐の場合)
・ペットフードのメーカー名(商品名)/食事量
・いつ(日時)から、どのような症状が起こったか、よくなる事があったかを記載したメモ
ペットの事をよく分かっている方がお連れください

診察では「具合が悪いのはいつからか」「いつもの様子との違い」「食欲や排泄の状態」「普段のフードやおやつは何か」「今までにかかった病気・ワクチン接種」など大小様々なことをお聞きします。

どうしてもお世話されている方が来られない場合は、メモなどで普段の様子と、病気・ケガ等の経緯をお伝え下さい。

ページの先頭へ